04:04 2017年06月26日
東京+ 22°C
モスクワ+ 19°C
    ネアンデルタール人

    学者達:現代人の耳はネアンデルタール人より原始的

    © Flickr/ Claude Valette
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 61170

    現代人とネアンデルタール人の耳は、違った具合についているが、聞こえ具合は同じだという。この研究は、専門誌Proceedings of the National Academy of Sciences.の中で発表された。

    研究作業の過程で、専門家らは、ネアンデルタール人14人の耳小骨をコンピューター断層撮影の助けを借りて調査した。その結果、現代人との本質的違いが明らかになった。普通我々の耳には、鐙(あぶみ)骨、砧(きぬた)骨、槌(つち)骨という3つ耳小骨があり、これらが、外事から内耳に音の振動を伝達している。

    しかし学者の主張によれば、ネアンデルタール人の耳小骨は現在人のそれと大きく異なっている。例えば、ネアンデルタール人の槌骨と現代人のそれとの違いは、人間とチンパンジーとの間の違い以上に大きい。比べてみると、ネアンデルタール人のものの方が進化しており、人間のそれは遅れているとのことだ。

    それにもかかわらず学者達は、ネアンデルタール人の平均的な耳は、現代人と同様に機能していたようだと結論付けている。

    先に、英国ノッティンガム・トレント大学の学者たちが3Dプリンターで作られた人間のモデルを開発し、若手外科医の実習に使われる、と報じられた。

    関連:

    ロシアの科学者、モリブデンによる癌の治療法を開発
    沖縄で古代ローマ帝国の銅貨発見か
    タグ
    学説
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント