19:13 2019年08月24日
喫煙

学者:1日1本のタバコは死亡リスクを69%高める

© Fotolia / Ivanmateev
テック&サイエンス
短縮 URL
4810

いかなる数であれ喫煙は、死亡リスクの大幅上昇につながる。論文は米医学誌「JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)」に発表された。

研究で、1日1本の喫煙すら、死亡リスクを69%を高め、肺がん罹患率が9倍になる。1日10本まで喫煙していた人はさらにリスクが高まり、死亡率は87%増加し、がん罹患率は12倍になる。

学者が述べるところ、これは全て、少量の喫煙は安全だという神話が嘘であることを物語るだけでなく、単なる減煙ではなく、完全な禁煙を目指す必要があることを証拠付けている。

先に伝えられたところによると、自民党が8日の厚生労働部会で、政府がまとめた受動喫煙防止の強化案について議論したところ、反対意見が続出し、賛成は少数にとどまった

関連:

ロシア 喫煙者率が減少
英国、最後のタバコ工場が閉鎖
タグ
学説
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント