04:59 2018年09月26日
科学者

独加速器施設 7年後には反物質を手にできる

© Sputnik / Sergey Venyavsky
テック&サイエンス
短縮 URL
153

ドイツで建設中のユニークな加速器施設FAIRの科学ディレクター、ボリス・シャルコフ氏によれば、2023年までに反物質の原子や分子を、学者グループは手にする予定だ。

シャルコフ氏は、次のように述べた-

「それは可能だろう。なぜなら、我々のプロジェクトでは、反物質は加速されるだけでなく、磁気トラップの中で凍結され、保存され得るからだ。そこでは反物質の原子や分子を作ることができる。我々のプログラムの中は、その事を予想している。」

このように伝えたシャリコフ氏はさらに「新型加速器では、反物質実験以外に、超新星爆発や中性子星の衝突で発生する重元素作成条件の趣味レーションも計画されている」と付け加えた。

先に伝えられたところによると、欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた

関連:

大型ハドロン衝突型加速器に監視ロボが「住みつく」(動画)
大型ハドロン衝突型加速器職員が「悪魔の儀式」を行う(動画)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント