10:02 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    学者ー地球温暖化はなぜ大災害を引き起こすか

    学者ー地球温暖化はなぜ大災害を引き起こすか

    © www.obretenie.info
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    153916

    大西洋におけるハリケーンとユーラシア大陸と米国での豪雨の件数が最近増加した理由は、地球温暖化によって、潜在的な地球の熱エネルギーが運動エネルギーに変わる効率性が上がったことにある。そのような要旨の論文が科学誌『Nature Communications』に掲載された。

    米ヒューストン大学の研究チームは、大災害の発生件数増加の理由として可能性のある説を説明した。それは、気温上昇は、ローレンツエネルギーサイクルと言われる大気中でのエネルギーの循環と、それに関する潜在的な熱エネルギーの大気の運動エネルギーに変わるプロセスに影響するというもの。
    研究チームが示したところ、大気の気温とそれに関する空気の体積の上昇は、熱交換の効率性上昇と、ある種のエネルギーから異なるものへの変換の加速を引き起こした。
    このため、地球大気中の機械的なエネルギーの総量は常に一定であり続けた。一方、余剰エネルギーはより急速に、嵐、サイクロン、高気圧などどいった、空気塊の動きに関連した現象の形で大気中から消えていった。
    これはすべて、自然の大災害と激しい天候的現象が近年急激に増えたのかを説明し、地球温暖化が加速した場合、将来において全ては悪化する一方だと物語っている。
    先に、米アリゾナ州にある砂漠に巨大なヒビが形成されたと報じた。

    タグ
    科学, 環境, 地球温暖化
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント