09:36 2021年09月23日
テック&サイエンス
短縮 URL
2102
でフォローする

ドイツの学者たちは、高い知能を持っている人はブラックユーモアを好む特徴があることを明らかにした。

調査には成人の男女156人が参加し、ドイツの漫画家ウリ・シュタインの死、病気、けが、医療をテーマにした「Das Schwarze Buch(ブラック・ブック)」の12の風刺作品を評価するよう求められた。学者たちは、参加者の知能と攻撃性のレベルを評価した。

結果、ブラックユーモアが好きな人たちはより知能が高く、攻撃性が低いほか、高学歴であることが分かった。

最も攻撃的なのは、ブラックユーモアを理解するものの、それを面白いとは考えなかった人たちだった。

なおブラックユーモアを理解できなかった人たちの知能は平均的で、攻撃性もほどほどであることが示されたという。

伝えられたところによると、ロシアでは、麻薬物質からの満足を防ぐ分子を発明された。2023年までには、薬物依存症を治す初の主な国産薬となる予定だ。

タグ
科学, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント