00:15 2018年02月26日
東京+ 5°C
モスクワ-13°C
    サンクトペテルブルグの琥珀の間の模型サンクトペテルブルグの琥珀の間の模型

    考古学者たちがナチスに盗まれた琥珀の間をポーランドで見つけるかもしれない

    © Sputnik/ V. Baranovskiy © Sputnik/ Dmitry Korobeinikov
    1 / 2
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 40

    琥珀の間を探しているポーランドの考古学者たちが、パスレンクの城の近くにあるとみられている地下トンネルの発掘作業を夏に開始する。

    2016年秋に城の近くで断層撮影法によって「異常」が見つかった。これは地下にトンネルがあることを物語っている。「スプートニク」が伝えた。

    ポーランドの考古学者たちは、以前ペテルブルグからケーニヒスベルク(現在のロシア連邦カリーニングラード)へ運ばれたコレクションや文書の一部を第二次世界大戦の終わりにドイツ人がパスレンクに運んできたという情報を持っている。

    またナチ党員らが暗い時間帯に城で荷物を積んだトラックの荷下ろしをし、トラックは空の状態で敷地から去ったのを目撃した地元住民の証言もある。
    琥珀の間は、ロシアの皇帝ピョートル1世に贈られた。ドイツ人は1941年に琥珀の間をケーニヒスベルク王宮へ運んだ。琥珀の間は1945年に跡形もなく消え、琥珀の間がある場所について15の説が存在している。

    それより前にエジプトとスウェーデンの考古学者らは、有名な王家の谷の南方数キロの場所で、新王国時代の古代エジプトの墓12を発見した。

    タグ
    歴史, 文化
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント