10:30 2018年07月19日
背中の痛みは早期死亡の証拠―学者

学者:背中の痛みは早期死亡の証拠か

© Flickr/ fedewild
テック&サイエンス
短縮 URL
185

シドニー大学の学者たちは調査の結果、背中の痛みは、早期死亡の前兆である可能性があるとの結論に達した。

シドニー大学の学者らは、背骨の痛みに関連した寿命の潜在的短縮を証明した。

学者たちは、70歳以上の双子4390人を対象に調査した。結果、頻繁に背中の痛みに苦しむ人は健康な人よりも早期死亡のリスクが13%高いことが分かった。

なお学者らは、今はまだ背中の痛みと死が関係する原因を挙げることができないため、今回の結果をより詳細に研究する必要があると指摘している。

先の報道では、日本の学者たちが、睡眠不足だと体のエネルギー消費量は変わらないのに食欲が増すため、肥満につながることを明らかにした。

タグ
科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント