12:30 2017年11月23日
東京+ 7°C
モスクワ-2°C
    南極

    南極の「急速に成長する」コケが学者たちを不安にする 地球温暖化時代の到来か?

    © Fotolia/ Steve Allen
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    295627

    南極では温暖化によりコケが半世紀前と比べて4-5倍の速さで成長しているため、将来的に今よりもはるかに緑の多い場所になる。学者たちは、このような結論に達した。ロシアのマスコミが、エクセター大学とケンブリッジ大学の英国人学者たちの調査を引用して伝えた。

    スプートニク日本

    学者たちは、南極大陸に南から隣接する3つの島の沿岸地域で採取したサンプルで、150年前の植物の成長速度などの変化を調査した。結果、気候変動により、植物の成長速度が速まっていることが分かった。

    南極の気候は、世界のどの場所よりも速いスピードで変化している。70年前から、10年毎に平均で0.5度気温が上昇している。

    人類が2050年までに南極の気候変動プロセスに介入しなければ、2100年までに南極の氷河を救うのはすでに手遅れになるという研究結果もある。

    この前、英ノーサンブリア大学の学者グループは、この先10年から15年後には、逆にグローバルは寒冷化が始まるとの結論に達した

    タグ
    研究, 科学, 地球温暖化, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント