14:36 2017年10月17日
東京+ 14°C
モスクワ+ 7°C
    蜂蜜

    蜂蜜は血管を中か掃除し、心臓発作を防ぐ

    © Fotolia/ Dani Vincek
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    12204107

    蜂蜜が含有する天然の糖質「トレハロース」は心臓発作を防ぐ可能性がある。英紙デイリー・メールがワシントン大学の研究グループの論文を元に報じた。

    スプートニク日本

    トレハロースはタンパク質の一群である転写因子「TFEB」を活性化させる。TFEBはマクロファージに、動脈に蓄積した脂肪を取り除かせる。マウスを用いた実験では、トレハロースは蓄積した脂肪を30%ほど減らした。

    つまり、実験では動脈が柔軟さを失い血圧が高まり、深刻な心臓病や心臓発作を進行させるアテローム性動脈硬化症のリスクが減った。普通、アテローム性動脈硬化症を患っている際、マクロファージは血管の炎症に集中して作用するために脂肪を取り除かない。しかし、トレハロースはマクロファージの働きを強めるだけでなく、全く新しい働きをさせて脂肪を取り除かせるのだ。

    トレハロースはキノコやロブスター、エビにも含まれている。1つ注意したいのは、実験で効果が確認されたのは、トレハロースを注入した場合のみで、経口摂取では効果が見られなかった。

    この前、学者が、脂肪の膨大な効用を語った。それは何より、免疫機能を高めると発表された

    タグ
    健康, 食べ物, 食品, 科学, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント