03:59 2018年09月24日
Apple 情報漏洩防止についての会議内容がネットに「漏洩」

Apple 情報漏洩防止についての会議内容がネットに「漏洩」

© AFP 2018 / Gabrielle Lurie
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31

Appleが社内で行った同社の機密情報のネットへの漏洩対策についてブリーフィング内容がネット上に漏れてしまった。このブリーフィングはおよそ1時間にわたって行われた。ニュースのネット配信の「アウトライン」が報じた。

スプートニク日本

ブリーフィングは1か月前に行われたもので、およそ100人の社員が出席していた。テーマは「ライバル業者、コピー商品のサプライヤー、プレスへの情報漏洩の防止」で、こうした試みは今までなかったもの。

ブリーフィングでは過去1年、Appleはサプライヤーのターゲットやパートナーからの漏洩件数の縮小に成功したと報告されていた。

そうした一方でApple社事態からの情報漏洩件数は逆に拡大していることから、同社のグレグ・ジョスヴィアク副社長は社員に対し、親戚をも含む外部の人間とは自社プロダクトについての機密情報をシェアしないよう重々要請していた。

先の報道によると、マイクロソフト社のライアン・ギャビン氏は、Apple社は「iPad Pro」 を「Surface」シリーズのデバイスに対抗して発売したとの考えを表した。

タグ
Apple, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント