11:41 2018年09月24日
30年後には1日4時間労働が実現=アリババ会長

30年後には1日4時間労働が実現=アリババ会長

© Fotolia / DragonImages
テック&サイエンス
短縮 URL
134

中国の電子商取引大手アリババグループのジャック・マー会長は、30年後には週4日4時間労働が実現すると述べた。

スプートニク日本

マー氏によると、人工知能の発展により、人間はより多く旅をして、より少なく労働するようになる。

マー氏はCNBCテレビのインタビューに対して、「30年後には1日4時間労働で、週4日労働になる可能性もあると見ている。私の祖父は畑で1日16時間働いて、非常に忙しいと考えていた。私たちは週5日8時間労働で、非常に忙しいと考えている」と述べた。

しかし、マー氏によると、人間に備わっている賢明さと経験を、機械が得ることはない。

先の報道によると、人工知能と経済のロボット化は、大部分の人々の生活を脇に追いやってしまう可能性がある。未来学者によれば、バーチャルな世界、つまりコンピューターゲームが、人々の「生活」の場になるとの事だ。世界経済フォーラムの報告書によれば、今後3年間に、先進15か国における労働市場で、500万人分の仕事をロボットがするようになるとの事だ。一方デジタル時代における古き良き職業は、絶滅してしまう。例えば、文字通りこの20年間で、馭者という職業は、完全に忘れ去られてしまった。

また、先に伝えられたところによると、Apple社の共同設立者で、自身技師で発明家でもあるスティーブ・ウォズニアック氏は、ロボットは脅威ではないと捉えている

 

タグ
科学, ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント