14:05 2017年10月21日
東京+ 17°C
モスクワ+ 2°C
    サイコパス

    巧みな嘘つきは、本物のサイコパスである可能性

    © Flickr/ Paul Stein
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    1169960

    香港大学の研究チームは、サイコパス(精神病質者)が、典型的な精神病質敵特徴を持たない人に比べてより早く上手く嘘をつくことを学ぶと述べた。「ガゼータ・ルー」によると、実験には52人の生徒が参加。調査により、高いレベルの精神病質的特徴を持つ人を特定することができた。29人が当てはまった。

    スプートニク日本

    参加者にはまた、知り合いと知り合いでない人の写真が示され、嘘をつくか本当のことを言うか指示する出される信号により、写真の人物が知り合いか否かを述べるよう課題を出された。実験中、MRIにより脳がスキャンされていた。この実験は数回行われた。

    高いレベルの精神病質的特徴を持つ参加者は、回を重ねるごとに嘘の回答を速く出すようになった。精神病質的傾向のない生徒の回答速度は変わらなかった。また、精神病質的傾向のない参加者のグループは、記憶や意識、問題解決に関するプロセスを司る左脳がより活発に働いた。精神病質者はどうやら、嘘をついている時にこのプロセスが抑制されているようだ。

    関連記事

    露当局 ソーシャルネット上で広がる「自殺教唆グループ」との戦いを開始

    タグ
    研究, びっくり, 病気, 調査, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント