02:44 2018年06月26日
カッシーニ

土星探査機「カッシーニ」 ミッション終了で土星大気圏で焼失

© Flickr/ Kevin Gill
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

土星探査機「カッシーニ」は地球に対する最後のシグナルを送り、ミッションを終えて土星の大気圏で焼失した。NASAが発表した。

スプートニク日本

学者らは「カッシーニ」が土星の大気圏に突入した際に集めた最後のデーターに太陽系の誕生の謎を解く鍵が隠されているのではないかとして、期待を寄せている。

「カッシーニ」はNASAのプロジェクトの中では最も長期にわたる探査を展開し、成功を収めてきた。

「カッシーニ」は原子力電池(放射性同位体熱電対)を動力にほぼ20年にわたって土星を探査し続け、多くの発見を成し遂げた。

​先の報道によると、間もなくその任務を終える米航空宇宙局(NASA)の土星探査機「カッシーニ」が、土星の環の詳細な画像で宇宙ファンたちを喜ばせた。

タグ
宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント