11:27 2017年12月17日
東京+ 8°C
モスクワ+ 8°C
    ハッカー

    ハッカーらが、マイニングのためにユーザーのブラウザをこっそり使う

    © Flickr/ Ivan David Gomez Arce
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 32

    露ESET社のサイバーセキュリティの専門家らは、ユーザーのブラウザを介して密かに仮想通貨のマイニング(採掘)を行うためにつくられた新たな悪質なプログラムを発見した。

    スプートニク日本

    発見されたのは、ウェブ・マイナー「JS/CoinMiner.A」。ESET社によると、今のところハッカー被害に遭ったのは独立国家共同体(CIS)諸国のユーザー(ロシアに対する反射攻撃は65.29%、ウクライナは21.95%、ベラルーシは6.49%)。

    ハッカーらはストリーミング動画やゲームがある人気のリソースにマイニング用のスクリプトを埋め込み、ユーザーのブラウザで直接仮想通貨のマイニングを行っている。ユーザーは、プロセッサへの追加負荷には気づかないという。

    専門家らは、ウェブ・マイナーからの保護対策として、広告ブロッカーまたはスクリプトブロッカーをインストールし、ウイルス対策ソフトの潜在的に望ましくないアプリケーションの検出を可能にするよう勧めている。

    先の報道によると、ビットコインの対ドルレートは北京の暗号通貨取引所が閉鎖のニュースを背景に著しく下落し、15日の取引では3000ドルを下回った。

    タグ
    ビットコイン, ハッカー, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント