05:06 2020年08月12日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 511
でフォローする

学者たちは、エジプト南部からギザのピラミッドの建設地へ1つあたりの重さが数トンの石を運ぶために古代エジプト人が使用した全ての方法を知っている。エジプトの著名な考古学者で元エジプト考古相のザヒ・ハワス氏が、アラビア語の新聞アル=シャルク・アル=アウサットのインタビューで述べた。

スプートニク日本

先に英デイリー・メール紙は、考古学者グループが古代のパピルスを使ってピラミッド建設の謎を解明したと主張する記事を掲載した。

パピルスには、4600年以上前に重い花崗岩や石灰岩のブロックを遠くから運ぶためにエジプト人が使用した方法が詳細に記載されており、特に特別な水路が使用されたと述べられているという。

ハワス氏は「これに関して新しいことは何もない… 我々はアスワンからブロックを運ぶために古代エジプトで使用されたすべての方法を知っている… 石の輸送はアスワンの石の加工場にあった特別な港から木造ボートで行われた。ボートはナイル川、その後は水路でピラミッドの近くに特別に整備された港まで移動した」と語った。

先の報道によると、エジプト学者らが、ピラミッドよりも古い建造物を発見したと発表した。

タグ
文化, 歴史, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント