16:44 2018年02月19日
東京+ 9°C
モスクワ-4°C
    肥満

    米CDC「がん予防にはまず減量を」

    © AP Photo/ Mark Lennihan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 0 0

    米疾病対策センター(CDC)の専門家らが、過去に米国で確認されたがんのうち40%が肥満と関係している可能性があると発表した。つまり、健康的な生活習慣の維持ががん予防の基本的な方法だということだ。

    スプートニク日本

    Medical Xpress」が伝えたところでは、今回の調査にはがんと診断された63万人の米国人が参加した。

    その結果、肥満と13種類のがんとの間に関連性が認められた。脳腫瘍、食道がん、乳がん、胃がん、肝臓がんなどがこれに含まれる。

    これらのがんは2014年に米国で確認されたがんの40%を占めている。

    CDCがん予防・対策部門のリサ・リチャードソン博士の発表では、体重を減らすことによってがんの発症リスクを下げることができるとしている。

    先の報道によると、ロシアのカザン、ノボシビルスクの化学者らが体内組織に一切害を及ぼさず、最も見つけづらいガン腫瘍に「光を当てる」ことのできる新種のナノ粒子の生成に成功した。

    タグ
    医学, 研究, ガン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント