05:40 2017年10月24日
東京+ 14°C
モスクワ+ 0°C
    砂糖

    砂糖の代用甘味料は砂糖より健康に害

    CC0 / Pixabay / 955169
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    2227981

    世界最大の糖尿病の研究所である米国の「ジョスリン糖尿病センター」の研究で、フルクトースを多く含んだ食生活を続けた場合、グルコースを摂取するよりも極度の肥満に陥り、インシュリンに対する薬剤耐性が引き起こされる恐れがあることが明らかにされた。この研究結果は「医療調査ジャーナル(Journal of Clinical Investigation)」誌に発表されている。研究を短く説明したプレスリリースが科学ニュースに特化した英字サイト「EurekAlert!」に掲載された。

    スプートニク日本

    英字サイト「EurekAlert!」によると、研究では2型糖尿病、肝脂肪、メタボリック症候群の傾向のあるマウスを使って臨床実験が行なわれた。マウスは通常の餌をとるグループと高脂肪の餌をとるものとに分けられ、フルクトースを入れた甘い水かグルコースを入れた水が与えられた。

    10週間にわたる実験の結果、通常の餌を与えられていたマウスは、糖尿病は発症しなかったものの、甘味料の入った水のおかげで肥満になった。ところが高脂肪分を摂取していたマウスのなかでは、グルコースを入れた水を飲んでいたマウスより、フルクトース入りの水を摂取していたグループにより深刻なメタボリック症候群が現れた。マウスの体重は大幅に増え、インスリンの効き目が落ち、その結果血糖値が上がっている。

    関連ニュース

    健康的なライフスタイル愛好家が陥りやすいミス

    誰も食べない方がいい食品

    タグ
    健康, 食べ物, 食品, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント