00:30 2018年02月26日
東京+ 5°C
モスクワ-13°C
    犬

    ペットの犬が複数の病気を和らげることが明らかになる

    © Fotolia/ Fotorince
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 60

    米国の学者たちは、家庭に犬がいると、乳児に湿疹が発症したり、喘息が進行するリスクが低下することを明らかにした。

    スプートニク日本

    米国アレルギー・喘息・免疫学会の会議で、これに関する報告書が発表された。

    学者らは、その母親が妊娠中に少なくとも1日に1時間はペットの犬と過ごした子供たちのアレルギー性湿疹の発症率を分析した。

    結果、同ケースでは新生児に湿疹が発症する確率が著しく低いことがわかった。一方、子供が大きくなるにしたがって肯定的な効果は減少し、10歳までになくなるという。

    学者たちはまた、犬が保持する細菌と接触することで子供の喘息の症状が和らぐことも明らかにした。

    なお学者らは、この肯定的な効果は犬アレルギーの人には当てはまらないと警告している。

    関連ニュース

    猫アレルギーだけじゃなくて、猫の飼い主アレルギーもある!

    実験結果:犬は視線で人間の気を引く

    タグ
    ペット, 研究, 健康, 医学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント