05:17 2018年08月19日
中国航天科技集団公司(CASC)のロケットのモデル(アーカイブ)

中国 原子力推進ロケットエンジンの宇宙船の打ち上げへ準備

© AFP 2018 / Mike Clarke
テック&サイエンス
短縮 URL
0 11

中国航天科技集団公司(CASC)は2040年までに原子力推進による再使用型の宇宙船を製造する計画を表した。

スプートニク日本

中国の新たな宇宙プログラムによれば、惑星間飛行の原子力推進宇宙船で使用する積載量100トン超の再使用型ロケットエンジンは2030年までに開発終了の予定。

現在までに作られた再使用型ロケットエンジンで最大積載量を誇るのはソ連時代に作られた「エネルギア」の200トン。「エネルギア」は1987年と1988年の2度の使用の後、これだけの重さのロケットを必要とする施設が宇宙空間にないことを理由に使われていない。

より軽量の再利用型宇宙船計画については2025年にも発射が計画されており、2020年までに長征型の新型ロケットの使用が開始される。新宇宙プログラムの実現が叶えば、中国は宇宙開発では押しも押されぬ世界のトップになることは間違いない。

関連ニュース

中国人研究者 物理法則に従わないエンジンを開発【動画】

21世紀、初の月面着陸は果たして日本人か?

タグ
ロケット, 宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント