06:12 2018年09月21日
絵

ニューラルネットワーク、本物の絵と贋作を100%判別可能に

© Depositphotos / Vectorass
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

米ラトガース大学とオランダの絵画修復・研究アトリエの研究チームが、本物の絵と複製品を判別するアルゴリズムを開発した。論文のプレプリントがプレプリントサーバ「Arxiv.org」に掲載された。

スプートニク日本

ニューラルネットワークの学習にはピカソやマチス、モディリアーニといった有名な画家の絵300作が用いられた。アルゴリズムは絵を80以上のストロークに分解し、作家のストロークとの相似性を見つけた。

2つの絵画判別メソッドが開発された。第1のアルゴリズムはストロークの形状や太さ、長さといった個々の特徴に分解し、第2のアルゴリズムは再帰型ニューラルネットワークの特性を用いて各画家に特徴的なストロークを見つける。

テストでは2つの方法を組み合わせることで80%の精度で作者を特定することに成功した。また、100%の精度でコピーと本物の絵を見分けることができた。確かに、作品数は少なく、5人の作家が作ったピカソやマチス、シーレの贋作は83個に過ぎないが。現在、印象派や19世紀のその他の画家の絵に対する効果を試す予定だ。

関連ニュース

ニューラルネットワークで落書きが肖像画に! 一方、人は化け物になる模様

人工知能、91%の精度でMRIから自殺願望者の予測が可能に

タグ
びっくり, 人工知能, テクノ, 芸術
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント