17:28 2019年12月14日
糖尿病

一箇所で座り続ける危険性を医師が解明

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 12
でフォローする

あなたの体形が素晴らしくても、多くの時間を座って過ごしているならば、脂肪沈着を危惧すべきだ。脂肪は内臓の周りで形成される。これは2型糖尿病のリスクや心臓病のリスクを高める可能性がある。

スプートニク日本

英レスター大学の研究によると、長時間座っている人々は肝臓や膵臓、腎臓の周りの内臓脂肪や腹部全体の脂肪沈着が多い。この脂肪沈着は糖尿病やがん、脳卒中、心臓病のリスクを高める。

ランニングに延命効果
© Fotolia / Head78
研究で、チームは糖尿病を発症する可能性がある124人の身体をスキャン。また、1週間に座って過ごす時間を調べるため、被験者には身体活動量をトラッキングする機器が配られた。結果、内臓脂肪と長時間座ることに一義的な関係が明らかになった。またその関係は、適度な運動を行う時間が1週間で2時間半未満だった人で特に顕著だった。

健康関連のニュースはこちら

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント