09:11 2018年09月25日
ヨガ

ヨガによる新たな有益な効果が発表される

© AP Photo / Andy Wong
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

インドの生理学・関連科学防衛研究所の学者たちは、ヨガによって得られる有益な効果を発表した。

スプートニク日本

脳は、20~30歳まで発達した後、停滞し、40歳をすぎると退化が始まる。

学者たちは実験を行い、まず健康で行動的な20~50歳までの124人を年齢別に3つのグループに分けた(20~29歳、30~39歳、40~50歳)。

実験の参加者たちは3ヶ月にわたって毎日ヨガのレッスンを受けた。結果、20~29歳までのグループは血圧が122/69から119/68まで下がった。40~50歳までのグループは134/84から124/79まで下がった。またコルチゾール(ストレスホルモン)のレベルも測定された。20~29歳までのグループは68.5%から47.4%まで低下、40~50歳までのグループは95%から72.7%まで下がった。30~39歳までのグループに関する統計的に有意なデータは報告されていない。

なお3つのすべてのグループで、モチベーションと集中力を高め、気分を良くするドーパミンとセロトニンの濃度が上昇したという。

関連ニュース

健康的なライフスタイル愛好家が陥りやすいミス

タグ
健康, 研究, スポーツ, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント