11:45 2018年10月16日
ロボット「ソフィア」、ウクライナの汚職を質問され故障

ロボット「ソフィア」、ウクライナの汚職を質問され故障

© Sputnik / Ramil Sitdikov
テック&サイエンス
短縮 URL
1113

人型ロボット「ソフィア」が、ウクライナでの汚職について質問されたあとに故障したと、同国最高会議(国会)のアリオナ・シクルム議員が明らかにした。

スプートニク日本

この出来事は、現在「世界経済フォーラム」が開かれているスイス東部のダボスにある「ウクライナの家」でのことだとしている。

シクルム議員はフェイスブックに、「『ウクライナでの汚職について何をするべきか』との質問のあと、世界最先端のロボット『ソフィア』でスクリプトエラーが発生し、プロセッサが一時停止した」と投稿した。

ソフィアは先に、ダボスで開かれたビジネス朝食会で、ロシアの銀行「ズベルバンク」のグレフ最高経営責任者(CEO)と人工知能をテーマに討論を行った。ロボットについて広められたステレオタイプに関して、ソフィアは冗談を飛ばし、またグレフ氏とともにスキーに興じることに同意した。

「ソフィア」は香港の「ハンソンロボティックス」社によって開発された。学習して人々の行動に適応し、人々とともに働くこともできるよう設計されている。

関連ニュース

人類を滅亡させると発言したロボット「ソフィア」、歩けるようになる

人類滅亡を約束のロボット、ソフィアが国連会議に出席

タグ
ロボット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント