12:58 2018年10月24日
Cyberdyneの社員(アーカイブ)

米、日本製ロボットスーツの処方を開始へ【写真】

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
テック&サイエンス
短縮 URL
0 110

米国の医師は患者に、日本のロボットスーツを処方することが可能になる。日本のサイバーダイン社は米食品医薬品局(FDA)の販売開始ライセンスを取得した。「 IEEE Spectrum」が報じた。

スプートニク日本

下肢用のロボットスーツ「HAL for Medical Use」は筋骨格系の障害を有する患者が使用できる。

これは制御システムと可動式サポートを備えたベルトで、足に固定される。HALは運動時の負荷の一部を取り除き、動きを修正し、リハビリに使用することができる。

HALは2011年に製造され、日本ですでに数年間販売されている。 2015年以降、ロボットスーツはいくつかの建設会社に供給を開始。重い材料を扱う際の身体負担を軽減し、高齢者にも役に立つ。

関連ニュース

日本製ロボット 販売員としては役立たずでクビに

臓器を再生するインプラントロボットが開発される

タグ
健康, ロボット, びっくり, テクノ, 医療, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント