02:24 2019年07月20日
JAXA、世界最小級ロケット打ち上げ

JAXA、世界最小級ロケット打ち上げ【動画】

© 写真: JAXA
テック&サイエンス
短縮 URL
122

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、世界最小級のロケット「SS520」5号機を内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。共同通信などが伝えた。

スプートニク日本

ロケットは全長約10メートル、直径約50センチ。東京大学の超小型衛星を搭載している。

NHKによると、超小型衛星は上空から地上を観測することにより、自然災害の発生や農作物の生育状況確認など様々に活用できることから、世界的な需要増加が予想されている。今回打ち上げられたロケットや衛星には、家電製品などに使われる民生用の部品がコスト削減のため利用されているという。

関連ニュース

ソユーズロケット、ボストーチヌイ基地から打ち上げ

米企業、3Dプリンター製エンジンのロケットで人工衛星3基を軌道投入に成功【動画】

タグ
テクノ, ロケット, 衛星, 宇宙, JAXA, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント