09:16 2018年12月16日
火山(アーカイブ)

人類が滅亡寸前の古代のカタストロフ理論は誤りと判明

© AP Photo / Bullit Marquez
テック&サイエンス
短縮 URL
0 43

アリゾナ大学の研究チームが、トバ・カタストロフ理論とは異なり、およそ7万4000年前のトバ超火山の噴火は人類を滅亡寸前に追い込まなかったと明らかにした。科学ニュースサイト「Phys.org」が報じた。

スプートニク日本

トバ・カタストロフ理論によると、スマトラ島にあるトバ火山の噴火は寒冷化、大気中への硫黄の放出、酸性雨を引き起こし、東アフリカの植生を滅ぼして北アメリカ大陸にさえ被害をもたらした。さらに分厚い火山灰の層は東南アジアや中国、インドを覆った。

また、「Phys.org」によると、アフリカ大陸の人口はこの時10万人から1万人に急減し、絶滅寸前まで追い込まれた。

研究チームがアフリカの湖底にある噴火とほぼ同時代の植物の化石を研究したところ、噴火による影響を証明する変化は植生の組成からは見つからなかった。

関連記事

人類が2018年に直面する脅威とは?

地球は平べったい、ユニコーンは実在する、メルケルはチリに亡命する…世界を煙に巻く大「陰謀」論者に独で授賞式

タグ
災害, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント