15:20 2018年12月17日
ペースメーカー

心臓ペースメーカーはますますサイバー攻撃の標的になっていく

© Depositphotos / PicsFive
テック&サイエンス
短縮 URL
0 43

心臓ペースメーカーや植え込み型除細動器などの臓器の働きを調整する心臓移植可能な電子デバイス(CIED)に対するサイバー攻撃の可能性は、患者や医師にとっての増加する問題になる可能性がある。米循環器学専門家が述べた。

スプートニク日本

リスクと脆弱性についての論文は科学誌『Journal of the American College of Cardiology』に掲載された。

他の電子機器同様、CIEDもハッキングや再プログラミングされ、機能を停止させたり遠隔モニタリングの結果を歪め、バッテリーを通常よりも早く消耗させるおそれがある。

研究チームによると、こうした機器のサイバーセキュリティ問題は市場進出前のテスト段階ないし新たな脆弱性の発見後に解決される必要がある。

さらに、クリニックや病院はセキュリティの更新を確認し、全ての問題を監視する必要がある。

関連ニュース

ハッカーらは他人の冷蔵庫に仮想通貨のマイニングを強要できる?

「スマート性具」がハッカーに遠隔操作されるおそれあり

タグ
テクノ, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント