16:29 2018年10月20日
野菜

調査報告:野菜はいつでも体に良いとは言えない

© Flickr/ nociveglia
テック&サイエンス
短縮 URL
1160

医師らは野菜、果物をよく食べるように勧める。しかし最近は、野菜も果物も、あまりに甘くなりすぎている。それは、成分が変化したこと、もはやそれほど体によくもないことを意味している。デイリーメールが伝えた。

スプートニク日本

より甘い品種が従来からある品種を追い出している。たとえば、甘いルビーグレープフルーツは白いグレープフルーツより人気だ。しかし白いほうが心臓脈管系に良く働く成分を50%も多く持っているのだ。

芽キャベツも甘くなった。一部品種が苦い野菜のきらいな子供向に開発されたが、野菜も果物もたいてい苦い方が体にいい。その毒性効果で疑惑のある細胞を破壊することで、癌が予防されるのだ。

このごろさかんにもてはやされている甘い野菜は、実は、体によくもなんともない「おしゃぶり」に過ぎない、と学者ら。

関連ニュース

タグ
健康, 食べ物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント