22:21 2020年04月10日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

米サイバーセキュリティ企業シマンテックは、標的の電話を乗っ取れるマルウェア「FakeBank」の最新バージョンを発見したと発表した。

スプートニク日本

FakeBankはスマートフォンに感染し、銀行アプリのデータを分析し、金融機関を装ってあらゆるオペレーションを行う可能性もある。最新版のFakeBankは集めた銀行情報を基にユーザーがかけた電話を詐欺集団宛てに切り替える。

シマンテックの調査によると、最新版のFakeBankはアジア地域で活動。サードパーティのアプリストアやSNS上のリンクを通じて拡散している。

サイバーセキュリティ専門家は、Android機のアプリとアプリの個人情報へのアクセス権限を注視するよう推奨。特に、個人データへのアクセス権限には注意を払うべきだという。

タグ
テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント