09:36 2018年05月24日
東京+ 17°C
モスクワ+ 13°C
    肥満対策の新たな方法が見つかる

    肥満対策の新たな方法が見つかる

    © 写真 : Pixabay
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    230

    脳に空腹であるという信号を伝える迷走神経の凍結が、食欲を減らし、肥満対策に役立つことを米国の学者グループが明らかにした。米国IVR学会の雑誌で発表された。

    スプートニク日本

    アメリカの複数の大学の学者たちが、肥満1度および肥満2度の10人の患者を対象にした研究を行った。

    研究では、患者一人一人に迷走神経を凍結する処置が行われた。

    患者の背中から針を刺し、神経の特定の部分を超低温アルゴンを用いて凍結した。

    その後90日間にわたって学者たちは患者の状態を観察した。

    結果、全員の患者が食欲の低下を指摘した。患者の体重は3.6%減少し、ボディマス指数(BMI)は14%低下したという。

    関連ニュース

    肥満の主な原因に関するデマが暴かれる

    米CDC「がん予防にはまず減量を」

    タグ
    健康, 医学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント