07:57 2018年11月20日
日本人

医師ら、食物アレルギーから子供を守る方法を語る

© Fotolia / Milatas
テック&サイエンス
短縮 URL
223

最近の研究データによると、子供の食物アレルギーの現代における流行拡大の基本的理由は、子供の世話の誤った仕方であり、これが原因で子供の肌がアレルゲンに対して過度に浸透性があるものになることが分かったと、研究者らが述べている。

スプートニク日本

この研究については、「Journal of Allergy and Clinical Immunology」誌に掲載された論文で述べられている。

米ノースウェスタン大学の研究者らは、食物アレルギーの拡大が、母親らのある一定の習慣と直接関連していると考えている。

多くの母親が石鹸の代わりに、肌に石鹸の膜を残すウェットティッシュを利用しているが、この石鹸の膜によって、アレルゲンや他の微生物から肌を守る天然のバリアである脂肪の膜に「小さな穴」ができる。

このような衛生用品を定期的に利用することで、肌の変異や免疫低下が促進される。

研究者らは、ウェットティッシュの利用を最小限にするよう勧めている。

関連ニュース

家の中で飼う動物は、子供のアレルギーや肥満のリスクを減らす

対季節性アレルギー秘密兵器、学者が公開

タグ
研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント