17:53 2018年11月21日
露自動運転車、既に100万キロ超走破 試験は日本でも

露自動運転車、既に100万キロ超走破 試験は日本でも

© 写真: Cognitive Technologies
テック&サイエンス
短縮 URL
1130

ロシアの自動認識制御システム「Cognitive Pilot」を搭載した複数の試験車両が、テストの過程で100万キロの大台を走破したと、自動運転車向け人工知能(AI)を設計している企業「コグニティヴ・テクノロジーズ」がスプートニクに対し明らかにした。

スプートニク日本

同社のオリガ・ウスコワ社長の話によると、産業としての広範な利用に至るまでに交通の安全を完全に保証するため、あらゆる気象・道路条件で何百万キロにもわたってシステムをテストすることが不可欠だという。

自動運転モードでの試験の多くはロシア国外で行われた。というのも、ロシアの法律では自動運転車が公道に出ることが許されていないからだ。開発者らの説明によると、国外での試験は欧州連合(テストに使われたのは4台)、米国(7台)、中国(1台)、日本(1台)の道路で行われた。ロシアでは、自動運転モードでの同社の技術は実験条件のもとでテストされた。

コグニティヴ・テクノロジーズは2016年8月、自律運転向けの自社製自動認識プラットフォーム「Cognitive Pilot」の開発実施について発表。このプラットフォームは乗用車にも、他のタイプの自動車にも搭載可能だ。プロジェクトの目標は、2022~23年までに完全自動運転車を開発することだという。

関連ニュース

ウーバーの自動運転車、米で歩行者を撥ねる 初の死亡事故

東京で無人の郵便配達車が発車オーライ

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント