22:55 2018年05月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 11°C
    アルコール飲料

    酒と煙草は最もキケンな薬物

    © Fotolia / Koeva_anna
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    140

    アルコールとタバコは全人類の健康にとって最も危険な物質で、依存症を引き起こす他の物質より多くの人の命を奪っていると、依存を研究する医師グループが明らかにした。論文は科学誌『Addiction』に掲載された。

    スプートニク日本

    オーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のチームの研究は、何よりも命を奪うのはタバコで、平均で10万人中110人が喫煙とそれに関する問題で亡くなる。

    アルコールはタバコのおよそ3分の1で、他の薬物は全て合わせても10分の1の死者だ。

    アルコールで特に問題があるのは欧州に住む人で、タバコではオセアニアと東南アジア諸国に住む人びととなっている。

    研究チームが指摘するところ、この問題は実際にはさらに深刻である可能性がある。それは、貧しいアジア・アフリカ諸国における喫煙者と飲酒者、薬物使用者の数と死亡率に関するデータがほとんど存在しないためだ。

    関連ニュース

    中国の中年男性、毎日強い酒を飲み「トロール」に

    定期的な喫煙は精神病のリスクを高める

    タグ
    健康, 研究
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント