21:58 2018年10月23日
目に見えない「パラグライダー」でクモが飛行 学者らが発見【動画】

目に見えない「パラグライダー」でクモが飛行 学者らが発見【動画】

© Flickr/ Eric Kilby
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40

編まれた糸数十本で作られたパラグライダーの類似物を利用して、最大で4.5キロの高さの空中に上昇することにより、クモが数百キロの距離を飛行して移動することを、独ベルリン工科大学の研究者らが明らかにした。このことは、なぜクモが度々、他の生物よりも早くに遠く離れた島々に住みつくのかを説明している。

スプートニク日本

クモによって非常に細い糸から作られたパラグライダーを、肉眼で見分けることは不可能だ。実験室とベルリンの公園の一つでドイツの研究者らによって撮影された映像が助けとなった。1本の糸によって表面に自分を固定したクモは、風の力を確かめるため肢を1本、上に持ち上げることが分かった。もし天気が飛行に適していれば、クモは素早く大量の糸を長さ2~4メートルにわたって繰り出し、この糸から三角形の「帆」を形成する。この際、クモは表面に固定された「錨の」糸を保持し、自分が飛んで行ってしまわないようにする。もし風の方向や強さが変化すれば、クモは「空中の帆」を切り取り、必要な気象条件を待つ。一方、もし気象条件に満足すれば、「錨の」糸を切断して空に向かって上昇し、大旅行に出発する。観察結果は「PLoS Biology」誌に掲載されている。

学者らはクモの飛行士の秘密を1つだけ、解明することができなかった。同時に繰り出される、パラグライダーのこのような大量の糸が、なぜ風でもつれてしまわないのか、ということだ。もしかしたら、糸が静電気の電荷を帯びていて、そのため互いに離れるようになっているのかもしれないと、学者らは推測している。

関連ニュース

恐竜の後まで生き残った世界最大・最古の昆虫、NZで救出活動

中国で、約1億2000万年前に生息していた恐竜の痕跡化石が見つかる

タグ
びっくり, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント