18:01 2018年11月18日
始皇帝の祖母の墓から未知の猿の骨見つかる

始皇帝の祖母の墓から未知の猿の骨見つかる【写真】

© 写真: ZSL
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

紀元前3世紀の中国の墓から、新種の絶滅したテナガザルの骨が見つかった。学術誌『サイエンス』に論文は掲載された。

スプートニク日本

テナガザルの頭蓋骨と顎は2004年、紀元前3世紀に中国を治めた秦の始皇帝の祖母とみられる人物の墓で見つかった。墓は兵馬俑がある現在の西安市周辺に位置する。

2011年、英ロンドン動物学協会のサミュエル・トゥルビーが骨を見て、他の研究者とともに研究を始めた。学術誌『サイエンス』によると、研究チームは、骨がテナガザル属の個別の種だとの結論に至り、「Junzi imperialis.」と名付けた。DNAの分析は中国政府による許可が降りずに出来なかった。

現在知られている猿の種類と似ていないことがしばしば見受けられる中国の古い絵が、新種のテナガザルの外見についての証拠になりうるという。

関連ニュース

タグ
歴史, びっくり, 研究, 動物, 科学, 発見, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント