06:29 2018年07月20日
コーヒー

結局、コーヒーは何杯なら健康に良いのか?

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

新たな研究結果は、コーヒーの摂取は心血管系細胞を損傷から保護することを示している。その上で、何杯のコーヒーを飲めばその効果が発揮されるのかを示唆した。医学健康ニュースサイト「MedicalXpress」が報じた。

スプートニク日本

独デュッセルドルフのハインリッヒ・ハイネ大学の研究チームは、カフェインが主な心臓細胞に存在するタンパク質の機能を強化することを発見した。

その結果、血管の内部を覆う内皮細胞の機能を高めるプロセスが開始する。

研究チームが示唆するところ、こうした効果はおよそ4杯のコーヒーに含まれる量のカフェインを摂取することで得られる。

この保護機能は糖尿病や肥満、高齢のマウスにおける心臓の損傷に対しても発揮された。

関連ニュース

勤務中に飲むコーヒーの新発見の効果とは?

古い電池から何年もコーヒーを搾っていたベトナム人を摘発

タグ
研究, 健康, コーヒー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント