19:47 2018年10月23日
中国、月の裏側を研究へ

中国、月の裏側を研究へ

© Sputnik / Anton Denisov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 141

中国が、月の裏側での研究プラットフォーム着陸を実現する最初の国になるかもしれない。現在まで、ソ連と米国の宇宙探査機は、この衛星の地球から見える側にしか着陸したことがない。月の反対側については、学者らは宇宙からの写真でしか判断できなかった。

スプートニク日本

月の裏側への研究プラットフォーム着陸を伴う実験は、中国の学者らによって今年12月に予定されている。地球人にとって見ることのできない月の裏側で活動する宇宙探査機は、地球に直接信号を伝えることができないため、制御と情報伝達については、月の軌道に投入された中継衛星「鵲橋」を通して実現される。このような複雑な工学的課題は、今回学者らによって初めて解決されることになる。

中国科学院国家天文台の学者らは、月の裏側が宇宙電波の研究にとって理想的な場所だと考えている。というのは、ここでは地球そのものによって作り出される「騒音」に邪魔されることがないからだ。2つ目の課題は、表側と比べて全く別の地質構造を有する月の裏側の土壌の採取と分析だと、中国国家航天局は発表している。

関連ニュース

ロスコスモス、軌道上での散髪の様子を公開 【動画】

小惑星リュウグウの不思議な異常 JAXAが「はやぶさ2」の画像を読解

タグ
宇宙, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント