07:41 2018年11月21日
電子タバコ

電子タバコを試したくなる原因が明らかに

© AP Photo/ Nam Y. Huh
テック&サイエンス
短縮 URL
114

変わった匂いや良い匂いが、喫煙者や非喫煙者が電子タバコの吸い始めや試す大きな理由となっている。論文は学術誌『Harm Reduction Journal』に掲載された。

スプートニク日本

英グラスゴーの薬物使用研究センターなどのチームは米国に住む2万人強の電子タバコ利用者という最も大規模な調査を行った。調査には煙者や元喫煙者、非喫煙者が参加した。

調査が示すところ、ほぼ全ての電子タバコ愛好家はフルーツや「キャンディー」味のタバコを吸っていた。タバコや電子タバコを時おり吸うだけの人の大半は「甘くない」味を吸っていた。

興味深いことに、通常のタバコを吸ったことがないが電子タバコを試したことがある人の数は近年、「フルーツ」味の電子タバコの人気とともに増加。

こうした事実は、電子タバコ喫煙やその悪影響対策を複雑にすると研究者は見ている。なぜなら、電子タバコやタバコを禁止しても、将来ないし現在の喫煙者は第二の製品に移るだけだと考えられるからだ。

他方では、「フルーツ味」の電子タバコは発がん性があるかもしれないが、本物のタバコよりは悪影響が少ないため、電子タバコの禁止は喫煙そのものを止めようとしていない喫煙者の健康に悪影響を及ぼす可能性があると研究チームは指摘する。

関連ニュース

「ベイプ」用の最も危険な「味」が明らかになる

ロシア、電子タバコの使用を制限へ

タグ
タバコ, 健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント