21:25 2020年05月28日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 40
でフォローする

8月12日から13日にかけての夜、ロシアでペルセウス座流星群を観測することができる。また8月11日には部分日食が起こる。モスクワ・プラネタリウムの広報部が発表した。

スプートニク日本

モスクワ・プラネタリウムは「2018年8月11日には部分日食が起こる… 8月12日から13日にかけては今年最も美しい流星が我々を待っている!この夜、ペルセウス座流星群の活動が最も活発になる」と発表した。

国際流星機構(IMO)によると、1時間あたり最大100個の流星を観測できる可能性がある。

関連ニュース

天の川と17億の星々の3D地図が公開

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント