12:13 2020年02月18日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 80
でフォローする

キャベツ、コールラビ、ブロッコリーは、直腸がんや大腸がんの成長を遅らせる物質を含んでいる。Immunity誌に掲載された記事の中で述べられている。

スプートニク日本

英フランシス・クリック研究所の学者たちはマウスで実験を行い、キャベツに大量に含まれている物質が、すでに存在する腫瘍の成長を遅らせたり、健康なマウスを直腸がんから守ったことを発見した。さらにこの物質は炎症のレベルを低下させ、マイクロフローラを正常化したという。

したがって学者らは、キャベツなどに含まれるインドール-3-カルビノール(I3C)が不足することにより、慢性炎症および幹細胞の制御不能な分裂が引き起こされ、がん発症の理想的な条件をつくると考えている。

関連ニュース

露保健省、長生きする人の共通点を挙げる

正しい食事はサプリなしに脳をブーストさせる

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント