18:29 2021年09月26日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30
でフォローする

ミネソタ大学ツインシティー校とオハイオ州立大学の研究者グループが、南極の最も詳細な高解像度の地図を公表した。サイトPhys.orgが伝えた。

スプートニク日本

地図は、およそ1400万平方キロメートルの広さを持つ南極大陸全体を網羅している。

​研究者らは高解像度の地図を作成するために、スーパーコンピューターBlue Watersを使って数百万件の画像を処理した。

関連ニュース

巨大氷山が溶け出すと海面レベルにどう影響するか

南極の氷、5年間で1兆トン超消失

タグ
南極, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント