22:33 2018年10月21日
ダイエット

変わったダイエット法が考案される 鍵は目標の想像

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

オーストラリア・クイーンズランド大学と英プリマス大学の研究チームは、最終目標の視覚化とモチベーションと、減量速度に相関を発見した。論文のプレスリリースがサイト「EurekAlert!」に掲載された。

スプートニク日本

実験には約140人の被験者が参加し、2グループに分けられた。第一チームではモチベーションを高める会話を行った。第2グループでは、最終目標を描き出し、減量後の気分や、減量後にできることを想像するよう求められた。

6ヶ月後、第2グループは平均4キロの減量に成功したが、第1グループはわずか1キロだった。そこから6ヶ月後、第2グループはさらに6キロ痩せることができた。

第1グループが同期間で減らせたのは約0.5キログラムだった。論文の共著者であるジャッキー・アンドレード教授は、イメージが強い感情的作用を及ぼすと説明した。

アンドレード教授によると、実験では目標達成の自信を高めるため想像上のパターンが用いられた。この想像は、減量時に問題に直面した人のモチベーションを維持した。

関連ニュース

健康に良い食べ物を食べても痩せない理由

余分な体重に疲れた?学者たちのおすすめは「バターコーヒー」!

タグ
健康, 研究, 医学, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント