13:09 2021年05月13日
テック&サイエンス
短縮 URL
241
でフォローする

約9割が樹脂の電気自動車のコンセプトカーが完成し、28日に公開された。NHKが報じた。

スプートニク日本

都内で公開された自動車の重さは金属を用いる従来車の約6割と軽く、その分エネルギー効率が良い。内閣府がメーカーや研究機関などと進める「ImPACT」プロジェクトの一環で開発されたもの。

ポルシェ911
© AFP 2021 / Toshifumi Kitamura
内閣府などによると、樹脂は加工が容易だが強度がネックだった。だが今回、複数の樹脂を組み合わせ、特殊な樹脂を使うことで、高い強度が実現された。

主要な部分まで樹脂を使った自動車は世界初。軽量化によるエネルギー効率の高い電気自動車製造が期待されている。

関連ニュース

ポルシェ、ディーゼルエンジン撤退へ

テスラ車を2秒でハッキング【動画】

タグ
科学, , テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント