20:04 2018年10月22日
地図

もしロシアと日本の広さが人口に相応していたら、世界地図ではどう見える?【写真】

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
170

世界的な調査とデータ分析を行うオンライン出版「Our World in Data」の専門家マックス・ローザ―氏は、最新の各国人口を調べ、人口密度が直接反映された場合、各国の面積がどう変わるかを調査した。

スプートニク日本

ローザ―氏が発表した地図では、もっとも大きな国となったのは中国とインドで、人口はそれぞれ約15億人であった。

領土がもっとも広い国であるロシア、カナダまたはオーストラリアは、目立って小さくなった。

ローザ―氏が発表した地図
CC BY-SA 4.0 / Our World in Data / World Population in 2018 (cropped image)
ローザ―氏が発表した地図

ロシアの実際の領土面積は世界の陸地の11%を占めている。だが、この地図では約2%となってしまい、バングラディシュや米フロリダ州と同じになった。

日本の面積も拡大。東京だけでも人口が3830万人と、世界一の人口密度を持つ都市を備えているためだ。日本の全人口は1億2700万人で、メキシコとほぼ同等であった。

関連ニュース

南極の最も正確な地図が公表される

タグ
科学, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント