14:40 2018年10月20日
ドローン(アーカイブ)

クラッシュテスト ドローンが時速383キロで飛行機の翼にぶつかればどうなる?【動画】

© Fotolia / ValentinValkov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

米デイトン大学の研究チームが、時速383キロで飛ぶドローンを飛行機の翼に激突させた。旅客機にドローンが接触した際の損傷を確かめることが狙い。Aviation International Newsが報じた。

スプートニク日本

クラッシュテスト(衝突試験)には軽旅客機の翼と最も人気があるモデルのドローン「DJI Phantom 4」が使用された。実験では小型飛行機の通常の飛行速度である時速383キロまでドローンを加速させ、翼の正面に激突させた。

衝突の結果、ドローンは完全に翼のなかに入り込んだ。研究チームは、こうした損傷は飛行性能に大きな損害を与えないだろうと指摘。だが、ジェット機など飛行機の速度が高ければ、ドローンとの接触により、機体が墜落する恐れもある。

関連ニュース

ロステフ、「すべてを見通す」ドローン開発

小型の折りたたみ式ドローン登場 最高速度は時速70キロ

タグ
動画, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント