05:28 2018年10月16日
米国防総省

グーグル、米国防総省の100億ドル相当のクラウド技術開発の契約入札に参加せず

© Sputnik / David B. Gleason
テック&サイエンス
短縮 URL
191

米グーグルは、同社の原則を理由に、米国防総省の100億ドル相当のクラウドコンピューティングと人工知能(AI)開発の契約入札への参加を取りやめた。通信社ブルームバーグが報じた。

スプートニク日本

国防総省は、JEDI(Joint Enterprise Defense Infrastructure cloud)プロジェクトの作業に関する契約入札を行っている。

入札の勝者は、米国防総省のために10年にわたって人工知能を使用したクラウド技術用のツールを開発する。

なお市場参加者は、大勢の社員が軍との協力を受け入れられないとする書簡に署名したため、グーグルが国防総省との契約を更新しない方針を決めたと考えている。

グーグル側は、国防総省が複数の開発者を同時にJEDIプロジェクトに参加することを許可したならば、同社はその仕事の一部を行っただろう発表した。

現在、アマゾン、オラクル、マイクロソフト、IBMがJEDIの受注を望んでいる。

関連ニュース

Google Chrome、3200万台のAndroid搭載端末で動作停止へ

グーグルが障害を持つ人のためのアプリを開発

タグ
テクノ, 米国防総省・ペンタゴン, Google, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント