20:55 2018年11月17日
太陽光発電所(アーカイブ写真)

韓国、世界最大級の太陽光発電所を建設へ

© Sputnik / Taras Litvinenko
テック&サイエンス
短縮 URL
0 42

韓国に2022年、3GWのソーラーパークが誕生する。韓国当局は、2030年までに計30.8GWの太陽光発電所を建設する意向。PV Magazineが、韓国の文大統領の声明を引用して伝えた。

スプートニク日本

現在、韓国が代替エネルギー源から得ている電力はわずか8%。そのため韓国当局は、エネルギー部門全体の全面的な改革に88億ドルを拠出する。

PV Magazineによると、再生可能エネルギーのセンターは、イノベーション発展ゾーン「セマングム」の409平方キロメートルの敷地に建設される。

韓国は、2030年までに全電力の20%をクリーンエネルギーでまかなう意向。

なお「セマングム」には、巨大な太陽光発電所のほか、1GWの風力発電所も建設される予定。

関連ニュース

風力発電所は、局地的な温暖化を引き起こす可能性がある

サハラ砂漠における風力・太陽光発電所の建設は、砂漠を緑の谷に様変わりさせる

タグ
おもしろい, テクノ, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント