16:33 2018年12月13日
フレグレイ平野

イタリア超大型火山にまもなく噴火の徴候

CC BY-SA 4.0 / Baku / I Campi Flegrei dall'Eremo dei Camaldoli (cropped photo)
テック&サイエンス
短縮 URL
102

国際研究チームは、イタリアのフレグレイ平野で大量のマグマ蓄積が進んでいると明らかにした。将来的に蓄積は150万人以上が住む地域に影響する大規模な噴火につながる可能性がある。研究結果は学術誌『Science Advances』に掲載された。

スプートニク日本

フレグレイ平野はナポリ北西に位置する火山地帯。

4万年前に大きな噴火が起き、噴火による気温の低下「火山の冬」を引き起こした。これは、ネアンデルタール人絶滅の原因になった可能性もある。最後の噴火は1538年に起きた。

現在、再びマグマの蓄積が始まった。これは、同地域で圧力の上昇期が到達し、新たな大型噴火に繋がる可能性があることを意味する。だが、噴火時期の予測は困難だ。

関連ニュース

日本沖の超火山の危険性は?地質学者が予測

米を「消し去る」イエローストーン大火山は予想より早く目覚める=学者

タグ
災害, 研究, 火山, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント