01:12 2018年12月19日
タイ、農民(アーカイブ写真)

MITのAI、アジアの農民らの間で貧困対策の助けに

© AP Photo / David Longstreath
テック&サイエンス
短縮 URL
0 50

マサチューセッツ工科大学(MIT)の卒業生2人が、スタートアップ企業「Ricult」を設立した。同企業はアジアの農民らに対し、自らの生産物のための販売市場を見つけ、収穫予測用の衛星からの一般データへのアクセスを取得することを可能にする。

スプートニク日本

世界全体で20億人超が1日当たり2ドル未満で生活している。そのうち4分の1は、中央・東南アジアの農民らだ。これらの農民らは、非常に高い利子で融資を得て、収穫を二束三文で売ることを強いられている。

MITの研究者らは、この問題の解決法を見つけようと試みた。「Ricult」の無料アプリケーションによって、農民が自らの土地の位置を指定して、衛星データに基づいた今後数カ月と次の年に向けた収穫高の詳細な予測を得ることが可能になっている。経営者らはこの予測を携えて「Ricult」の複数のパートナー銀行に相談を持ちかけ、低い利子で融資を受けることができると「MIT news」は伝えている。

それだけではなく、農民らは農業に関する専門家らによる支援を無料で求めることもできる。専門家らが農地に赴き、土壌の分析を引き受け、どのような種子や農薬を利用すべきか経営者らに助言を与える。アプリの開発者らは、「Ricult」によって、収穫高を年間で30~50%引き上げて農民らの生活状態を改善することが可能になると主張している。

関連記事

タグ
食べ物, テクノ, 研究, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント