17:10 2018年12月15日
クジラ

クジラは歌をアレンジする オーストラリア研究

© Depositphotos / Njaj
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

オーストラリア・クイーンズランド大学の研究者らは、ザトウクジラが時おり歌を複雑にし、時おり簡易化する上、他の群れのメロディーを用いることを明らかにした。研究結果は学術誌『Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences』に掲載された。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

ザトウクジラは「歌」で意思疎通する。研究者らは30年に渡り、東オーストラリアに生息する95頭を観察し、彼らの「トラック」412曲を分析した。

研究者らが指摘するところ、当初のメロディーは単純だったが、クジラがそれぞれの音を歌に加えていくことで、徐々に複雑化していった。

研究では、数年に1度、クジラの間で一種の「文化革命」が起こると結論に至った。

関連ニュース

ホッキョククジラは繁殖期にユニークなメロディーを歌っている

人懐こいクジラがダイバーに急接近 ダンス、セルフィーも一緒に

タグ
研究, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント